Value-server(バリューサーバー)で管理するWordPress(ワードプレス)の常時SSL化についてできるだけ画像を使いながら解説します。無料SSLを利用しての設定について解説します。

バリューサーバーでのワードプレス常時SSL化方法 初心者簡単図解説

1.バリューサーバーに無料SSLを設定する

1)バリューサーバーのコントロールパネルにログイン

バリューサーバーのコントロールパネルにログインします。

あるいは、バリュードメインのコントロールパネルからでしたら、「管理サーバー>バリューサーバー」、あるいは、左側メニューの「サーバー>バリューサーバー」でバリューサーバーのコントロールパネルに移動し、管理したいサーバーの「ウェブ」をクリックします。

2)ドメインウェブの設定

上記画面の「ドメインの利用」から「ドメインウェブの設定」をクリックし、ドメインウェブの設定画面に移動します。

SSL設定はバリューサーバーの「Main」に設定されたドメインには設定できません。「Sub」に設定してください。 Mainに「blank」と入力し、下段の「SSL用ドメイン(IP:○○○)情報入力」のSub8枠のドメイン名欄(上記①)に取得しているドメイン名(○○○.net等)を入力し、「ドメインを設定する」をクリックします。 その際に「強制」「NoDir」にはチェックを入れません。

www.サブドメインのhttps:転送設定

www.のサブドメインへの転送設定も併せて行います。Sub9枠のドメイン名欄(上記②)に取得しているドメイン名(www.○○○.net等)を入力し、転送先URLに(https://○○○.net等)を入力し、「ドメインを設定する」をクリックします。その際に「強制」「NoDir」にはチェックを入れません。

ドメインの設定が反映されるには数分からしばらくかかります。しばらく待ってから次の設定に移ります。

3)無料SSL設定

バリューサーバーのコントロールパネルから、「ドメインの利用」>「無料SSL設定」をクリックします。

下記の無料SSLの設定画面が開かれるので、無料SSLを設定するドメインを選択します。選択チェックボックスを入力し「無料SSL設定」をクリックします。

設定が反映されるまで数分からしばらくかかります。また、バリューサーバーでは1週間に新規設定できる無料SSLは20個までとなっています。設定されるとサイトにhttps:でアクセスできるようになります。

2.ワードプレスのSSL化

バリューサーバーでは上記設定ですでにワードプレスにSSLでログインできるようになります。ただし、リンクなどは自動でhttps:には変わってくれないのでそれを変更します。

1)設定(一般)からアドレスを編集

ワードプレスにログインし、「設定」>「一般」のWordPressアドレスとサイトアドレスの両方を「http://」⇒「https://」に変更します。

2)投稿ページ、固定ページのリンクの変更

各投稿ページ、固定ページに設置しているリンクは自動では変わらないので、一つ一つ確認しながら「http:// ⇒ https://」に修正していきます。

写真など画像はギャラリーのショートコードで設置している場合はそのままで良いのですが、リンクで設置したものを一つ一つ変更するのは非常に面倒です。プラグインを利用するのも良いと思います。

プラグイン Really Simple SSL の利用

この「Really Simple SSL」プラグインは、http://でのリンクを自動でhttps://リンクに、JavaScript を利用して置換してくれます。適用も非常にシンプルで動作も軽いと評判なので、手作業の手間を少しでも省きたいのであれば利用しても良いと思います。

ワードプレスの「プラグイン」の「新規追加」で、「Really Simple SSL」と入力して検索します。

下記の Really Simple SSL をインストールし有効化します。

下記のように表示されるので、もし、使っているテーマの関係で「.css」や「.js」の中に「http://」による参照があれば、「//」に先に修正します。その後、「はい、SSLを有効化します」をクリックします。

これにより設定完了となり、投稿のページなどに「http://」があっても、JavaScriptにより自動で「https://」に書き直されるようになります。このプラグインは、JavaScriptによる都度置き換えなので このまま有効化させなければなりません。

※注意が必要なのは、表示者がJavaScriptを無効にしていると機能しないことです。また、このプラグインを利用しても、Google Analytics やアフィリエイト、外部のランキングなどの修正は手作業が必要です。

Value-server(バリューサーバー)で管理するWordPress(ワードプレス)の常時SSL化についてできるだけ画像を使いながら解説します。無料SSLを利用しての設定について解説します。

sakura-morisawa-web-font-logo

さくらインターネット モリサワWebフォント 無料設定&表示比較

さくらのレンタルサーバを契約していると「株式会社モリサワ」の提供するWebフォントサービス「TypeSquare」のフォントから30種類の書体をページビューに上限はありますが...
PHP_warning

Warning: A non-numeric value encountered in 警告対策

ワードプレスに色々なプラグインを入れて利用している中で、サーバの PHP バージョンによって、「 Warning: A non-numeric value encountered...

Pin It on Pinterest