WordPress(ワードプレス)の画像圧縮方法の違いによる写真画質の比較を行います。今回はワードプレス標準のGDと、プラグイン「Compress JPEG & PNG images」、プラグイン「ImageMagick」の3者で比較を行います。

プラグイン ImageMagick と Compress JPEG & PNG images の圧縮率と写真画質比較

元画像

今回の比較に際し、オリジナル画像はこちらの2種類の画像を使用することにします。サイズはアップロード時に 600×600 にリサイズさせることにします。

画像A
画像B

1.ファイルサイズ

圧縮方法を変えて作成させた画像のファイルサイズは、それぞれ下記のようになりました。

1)画像 A

  • WP オリジナル(GD): 49.2KB
  • Compress JPEG & PNG images : 35.5KB
  • ImageMagick Quality 80 : 54.3KB
  • ImageMagick Quality 50 : 35.9KB

2)画像 B

  • WP オリジナル(GD): 69.5KB
  • Compress JPEG & PNG images : 60.5KB
  • ImageMagick Quality 80 : 75.5KB
  • ImageMagick Quality 50 : 46.5KB

2.画質比較

画像上のスライダーを左右に動かして比較してみてください。

1)GD vs Compress JPEG & PNG images

左が GD 、右が Compress JPEG & PNG images です。サイズが大きいだけあって、画質的には GD の方がエッジがはっきりしていて、色も綺麗です。 Compress JPEG & PNG images の方がモスキートノイズも多くぼやけています。少し色の明暗差も浅くなっているように感じます。

(1) 画像 A
(2) 画像 B

2)ImageMagick Quality 80 vs Compress JPEG & PNG images

テキスト左が ImageMagick Quality 80、右が Compress JPEG & PNG images です。サイズが大きいだけあって、画質的には ImageMagick Qulity 80 の方がエッジがはっきりしていて、色も綺麗です。 Compress JPEG & PNG images の方がモスキートノイズも多くぼやけています。少し色の明暗差も浅くなっているように感じます。

(1) 画像 A
(2) 画像 B

3)ImageMagick Quality 50 vs Compress JPEG & PNG images

左が ImageMagick Quality 50、右が Compress JPEG & PNG images です。この2つは同程度のファイルサイズとなっています。画質的には ImageMagick Quality 50 の方がエッジがはっきりしていますが、モスキートノイズが多く発生していますし、ブロックノイズも多いです。 Compress JPEG & PNG images の方がモスキートノイズ、ブロックノイズは少ないのですがぼやけています。少し色の明暗差も浅くなっているように感じます。

(1) 画像 A
(2) 画像 B

4)GD vs ImageMagick Quality 80

左が GD、右が ImageMagick Quality 80 です。画質的には ImageMagick Quality 80 の方がエッジがはっきりしていますが、モスキートノイズは少し多いです。すっきりと見えるのは ImageMagickのほうです。

(1) 画像 A
(2) 画像 B

3)画質比較まとめ

ファイルサイズに対する画質から考えると、有料のプラグインだけあって、「 Compress JPEG & PNG images 」は綺麗です。モスキートノイズを減らすためでしょう少しボカシが入っていることもPNGのイラストなどには有効だと思います。月に500枚までは無料ですし、写真をあまりアップしないのであれば利用してもよさそうに思います。

しかし、我々のように写真中心のサイトのために利用する場合は、ImageMagick の方がむしろ使いやすいように思います。綺麗に見せたいサイズには圧縮率を低く(設定数字を大きく)し、そうでもないサムネイルは圧縮率を大きく(数字を小さく)すれば良いのですから。

3.各プラグインのインストールと設定方法

各プラグインのインストールと設定方法については下記のページで説明しています。

今回比較した2つにプラグインはどちらも有名で、利用者も多いものになります。サイトでの画像の利用の仕方によって、おすすめはわかれます。こうして比較してみると、プラグインによって結構写真の画質は違うものだなっていうのがわかって面白いですよね。

次世代フォーマットWebPの画質比較 Jpeg2000とJpeg

今回は次世代フォーマットでの画像配信のために、実際に次世代フォーマットとされる「WebP、Jpeg2000」の画像を作成し、Jpegでの保存画質とを比較をしてみようと思います。次世代フォーマット...

NextGEN Gallery 設定図解 ワードプレスプラグイン

WordPress(ワードプレス)には標準の状態でもサイトに写真ギャラリー表示する機能はありますが、使い勝手としても、美しさとしても今一歩です。そこで今回は写真ギャラリーを作成するプラグイン「...

Photo Gallery by 10Web レスポンシブギャラリー設定

WordPress(ワードプレス)の標準機能にもギャラリーの作成機能はありますが、プラグインを追加することで、より見栄えの良いギャラリーサイトを作成することができます。今回はプラグイン「...

ワードプレス画質比較 ImageMagick と Compress JPEG

WordPress(ワードプレス)の画像圧縮方法の違いによる写真画質の比較を行います。今回はワードプレス標準のGDと、プラグイン「Compress JPEG & PNG...

サイトの高速化 写真のWebP化の方法 Photoshop利用

サイトの高速化の方法のひとつに、表示させる写真や画像に次世代フォーマットを利用するというものがあります。次世代フォーマットにはいくつか案があるのですが、今回はGoogleが開発している WebP...

ワードプレスで次世代フォーマットでの画像の配信 WebPの画質比較

PageSpeed Insights でのスピードアップの提案に「次世代フォーマットでの画像の配信」というものがあります。次世代画像フォーマットのうち、今回はGoogleが開発している「 WebP...

Pin It on Pinterest