今回はWordpress(ワードプレス)のギャラリープラグイン「Unite Gallery」について図解説したいと思います。Unite Gallery には無料の「Unite Galley Lite」もあるので、その機能の違いも含め解説したいと思います。無料でもかなり使えるおすすめのギャラリーです!!

ワードプレスの素敵なギャラリー
Unite Gallery のインストールと設定

1.Unite Gallery と Unite Gallery Lite の違い

Unite Gallery と Unite Gallery Lite の最も大きな違いは、Lite の方はひとつのギャラリーに追加できる写真の枚数に12枚という制限があることです。12枚は少ないですが、複数のギャラリーの作成はもちろん可能ですので、12枚でも使い方によっては十分と判断される場合もあるでしょう。Lite をインストールして使ってみることによって、Unite Gallery の購入を決める前に、十分にテストができます。また、Lite で作成したギャラリーは、Unite Gallery を購入した後で継続して利用可能ですので、気軽にテストが可能です。

2.Unite Gallery Lite のインストール

1)プラグインを検索しインストールする

ワードプレスのダッシュボードの「プラグイン」>「新規追加」から、「Unite」と入力して検索し、インストールをクリックします。

2)Unite Gallery Lite を有効化する

Unite Gallery Lite の有効化をクリックし有効化します。有効化されると、ワードプレスのダッシュボードに「Unite Gallery」の項目が追加されます。

3.Unite Gallery Lite の利用方法

1)ギャラリーを作成する

(1) Create New Gallery
ワードプレスのダッシュボードから「Unite Gallery」をクリックします。

Unite Gallery のページが表示されるので、

「Create New Gallery」をクリックします。

下記のギャラリーテーマを選ぶパネルが表示されるので好きなのを選びます。今回は「Default Theme」を選びます。(※それぞれがどんなイメージとなるのかについては、下のほうの補足説明をご覧ください。)

※ Unite Gallery Lite は Create New Gallery するときのテーマを後で変更することはできませんが、 Unite Gallery は設定画面で変更可能です。そういった機能制限はありますが、全てのテーマを試すことが可能です。

下記のギャラリーの基本設定画面が表示されるので、それぞれの項目を入力します。項目を入力したら「Create Gallery」をクリックします。

  • Gallery Title:タイトルです(日本語も使用可能です)
  • Gallery Alias:ギャラリーの目印となるエイリアス(英数のみです)
  • Item Category:写真のカテゴリーを分ける機能があります
  • Full Width:ページ横最大表示するかどうかの設定です(選ぶと下記Widthは消えます)
  • Width、Height:ギャラリーの大きさです(はみだすとレスポンシブ対応し同比率で縮小されますので、写真の比率 900:600 なんて良いかもしれません)

下記のように、ギャラリーの枠が作成され設定画面が表示されます。タイトルとエイリアスは先ほど入力した値になっています。またギャラリーのショートコードは「unitegallery + エイリアス」となります。

(2) ギャラリーに写真を追加する

ギャラリーに写真を追加するには、上部タブから「Items」をクリックし下記画面を表示します。

「Add Images」をクリックします。

下記のようにメディアライブラリが表示されるので、ギャラリーに追加する写真を選びます。Ctrlキー等で複数選択することも可能です。ファイルをこの時点でアップロードすることも可能です。写真を選んだら画面右下の「Insert」をクリックします。ちなみに WebP や Jpeg2000 といった次世代フォーマットの画像でもサイトが対応していれば問題ありません。(※ Lite だと写真はいくらでも追加できるのですが12枚までしかギャラリーに表示されません)

2)ページにギャラリーを配置する

サイトのページにギャラリーを配置するには、Unite Gallery のショートコード(プログラムを実行させるための短い記号のようなもの)をコピーして貼り付けます。

(1) ショートコードをコピーする

ショートコードは作成したギャラリーの Settings に Gallery Shortcode として書かれています。

ワードプレスのダッシュボードから「Unite Gallery」をクリックします。

ショートコードを表示したいギャラリーを選び、その名前をクリックします。あるいは「Edit Settings」をクリックします。

下記のように設定画面が表示されるので「Gallery Shortcode」の枠内のコードをコピーします。

(2) Unite Gallery のショートコードをページに配置する
ページのブロックの追加から、「ショートコード」をクリックし追加します。

コピーした Unite Gallery Shortcode を枠内に貼り付けます。

下記のように表示されます。 Default Theme では、写真を中央に拡大表示し、下にサムネイルのバーがつく構造となります。このギャラリーはサイトの訪問者が自由に表示写真を選べるだけでなく、自由に拡大縮小したり、全画面表示したりできるようになっています。無料ですが非常に高機能で素敵なギャラリーです。

以上で基本的な操作は終わりです。Unite Gallery は本当に素敵なギャラリーを簡単にサイトに配置できます。写真系のサイトをされている方に特におすすめします。以下に Unite Gallery のライセンス購入及びインストールの方法と、テーマの表示サンプルについて記載しておきます。参考にしてください。

4.Unite Gallery のライセンス購入とインストール

無料でしばらく Lite を使ってみて12枚以上の写真をギャラリーに表示させたくなったら、ライセンスを購入することができます。一度ライセンスを購入すると、Unite Gallery の将来にわたる更新がすべて権利に含まれ無料でアップデートを受けることができます。また、6か月間の質問サポートを受けることができます。

1)Unite Gallery のライセンス購入方法

ワードプレスのダッシュボードの「Unite Gallery」をクリックします。

下記のように、This is a Lite Version of ・・・ と書いてあるところの「Get It Now!」をクリックします。

下記のように Unite Gallery – WordPress Gallery Plugin のページに飛ぶので、「Buy Now」をクリックします。現在の価格は 29US$ です。

アカウントの作成となるので、氏名、メールアドレスを入力し「Next」をクリックします。

下記のように表示されるので、ユーザーネーム(ログインIDとなる)とパスワードを入力し「Create account & continue」をクリックします。もし宣伝がいらなければ「Send me tips・・・」のチェックを先に外します。

支払い明細が表示されるので、クレジットカード決済を選んで決済すると、 割とすぐに登録したメールアドレスあてに、プラグインの Purchase code (ライセンスキー)と、ダウンロードリンクが送られてきます。

2)Unite Gallery のファイルダウンロード

送られてきたメールの My downloads をクリックすると、ダウンロードのページに飛びます。ちなみに、Unite Gallery のページの右上の「Sign In」からサインインして、「Downloads」をクリックしても同じダウンロードページに飛びます。

下記のようなダウンロードページから「Download」をクリックします。

ワードプレスにインストールするファイルが欲しいので「Installable WordPress file only」を選びます。

ファイルがダウンロードされます。任意の場所に保存しましょう。

3)プラグインファイルのアップロード

ワードプレスのダッシュボードの「プラグイン」>「新規追加」から、上部にある「プラグインのアップロード」をクリックします。

下記のように表示されるので「ファイルを選択」をクリックします。ファイルを選択のパネルが表示されるので、先ほどダウンロードしたファイルを選択し、「今すぐインストール」をクリックします。

インストールが終わったら「プラグインを有効化」としたいのですが、先に Lite を停止します。そうしないと、エラーが出てしまいます。

4)プラグインの有効化の前に Lite は停止してから有効化

「プラグイン」>「インストール済みプラグイン」をクリックします。

下記のように並んでいるので、Lite を停止し、Unite Gallery の方を有効化します。

プラグインを有効化しましたと表示されれば完了です。

ちなみに停止を忘れて有効化しようとすると下記エラーになりますが、Lite を先に停止してあげれば問題ありません。

補足.Unite Galley の各テーマの表示サンプル

① Default Theme

② Compact Theme

デフォルトと似ていますが、画像の最大化ボタン等がなくなりコンパクトになっています

③ Grid Theme

下部がグリッド表示になります

④ Slider

画像スライダーのみのシンプルなテーマです

⑤ Video Gallery

ビデオ再生用のギャラリーです。ビデオは、 Youtube 、 Vimeo 、 HTML5 ( MP4 、 WebM 、 OGV )、 Wistia に対応しています

⑥ Tiles – Columns

タイル状に敷き詰めた形のギャラリーです。 Masonry Style とも言われます。 写真の配置はコラム状です

⑦ Tiles – Justified

タイル状に敷き詰めた形のギャラリーです。 Masonry Style とも言われます。 写真の大きさのほうがカラムにあわされています

⑧ Tiles – Nested

タイル状に敷き詰めた形のギャラリーです。 Masonry Style とも言われます。 写真の大きさを変え入れ子状に配置されます

⑨ Tiles Grid

完全なタイル状配置です。写真は切り抜かれます

⑩ Carousel

カルーセル表示となります

Unite Gallery はとても素敵なギャラリーをサイトに設定できます。 Lite 版でも12枚までという制限はありますけど、ほとんどの機能を利用できます。非常に素晴らしいと思います。おすすめです!!

Unite Gallery Lite もそのひとつですが、無料でインストールできる、表示の綺麗な写真ギャラリープラグインを5つ選んでみました。参考にしてみてください。

表示の綺麗な写真ギャラリー 無料プラグイン Top 5 2019 ワードプレス

ワードプレス(WordPress)の写真関連情報 画像表示情報

ワードプレスで写真サイトを構築する際に役に立ちそうな設定や情報をまとめています。こちらはワードプレスの写真設定や画像表示に関連する情報の目次ページとしています。なるべく図を用いて簡単に解説するようにしようと思っています。参考にどうぞ。

ワードプレス無料ギャラリー Robo Gallery 設定と機能

Wordpress(ワードプレス)の無料ギャラリープラグインにはいろいろありますが、Robo...

ワードプレス画質比較 ImageMagick と Compress JPEG

WordPress(ワードプレス)の画像圧縮方法の違いによる写真画質の比較を行います。今回はワードプレス標準のGDと、プラグイン「Compress JPEG &...

Responsive Photo Gallery 操作が簡単なワードプレスの無料写真ギャラリー

今回は操作がわかりやすくて使いやすいギャラリープラグインの「Responsive Photo Gallery – Images Gallery...
WP-Divi-elegant-themes-logo

写真サイトを作るのにワードプレスのDiviがおすすめな理由

今回はワードプレスの「Divi(by Elegant...

Pin It on Pinterest