ワードプレス(WordPress)のバックアップと復元には、本当に簡単で便利な無料のプラグインとして「UpdraftPlus」があります。バックアッププラグインとしては「BackWPUp」が古くから有名ですが、その復元手順は面倒です。それに対して、この UpdraftPlus はバックアップも復元も本当に簡単便利に実行できます。今回はそのバックアップと復元の手順を図解したいと思います。

ワードプレスの簡単便利なバックアップと復元 UpdraftPlus プラグイン 2019

1.UpdraftPlus プラグインのインストール

UpdraftPlus をインストールするには、ワードプレスダッシュボードの、

plugin-add-menu-plug-in「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。

下記の UpdraftPlus が検索されるので、

UpdraftPlus01「今すぐインストール」をクリックし、インストールされたら「有効化」します。

有効化されると下記のパネルが表示されるので、

UpdraftPlus02「Press here to start」をクリックします。

2.UpdraftPlus を用いてバックアップする

インストール後の指示に従うと直接移動しますが、ちなみに UpdraftPlus には下記のボタンより移動できます。

「設定」>「UpdraftPlus Backups」をクリックします。

次に表示されるパネルには、最初のバックアップを行っても良いし、設定を先に行っても良いとありますが、今回はすぐバックアップすることにします。

UpdraftPlus03「今すぐバックアップ」をクリックします。
バックアップのオプションにチェックをと書かれているので「次へ」をクリックします。

今すぐバックアップするか、設定に行くかと聞かれますが、

「今すぐバックアップ」をクリックします。

バックアップが始まります。

バックアップが終わると、

バックアップ成功とのメッセージが出ます。

バックアップが無事にできました。簡単ですね。さらに復元も簡単なんです。ここの「復元」をクリックするのみです。

ちなみに、バックアップしたファイルは標準状態では、下記のように「ワードプレスのインストールフォルダ/wp-content/updraft」のフォルダに保存されます。必要に応じて、サーバーコントロール画面のファイルマネージャー等や、FTPソフト等を用いてダウンロードできます。

下記のような複数のファイルに分割して保存されます。これをローカルやクラウドドライブにダウンロードしておくことで、万が一のサーバートラブルに対処できます。

3.バックアップからの復元

1)サイト上のバックアップで復元する

現在のサイト上で、バックアップした時の状態に戻したい場合は、UpdraftPlus の設定画面を表示すると、下記のようにバックアップ済みの項目に、バックアップのリストが表示されるので、戻りたい日付のものを選んで「復元」をクリックします。

2)ローカルフォルダに保存したデータをアップロードして復元する

ローカルにダウンロードしたデータをアップロードして復元するには、UpdraftPlus の画面で「バックアップファイルをアップロード」をクリックします。

バックアップファイルをドロップの枠に、バックアップしておいたデータをドラッグドロップします。

ただし、サーバーがPHP を利用したファイルのアップロードの制限をかけている場合は、ファイル量が大きすぎるので無理だと出てしまいます。その場合は、PHP のファイル量の制限を増やしてください。

あるいは、サーバーのコントロールパネル等のファイルマネージャー等を利用して、サーバーの「ワードプレスのインストールフォルダ/wp-content/updraft」に保存しておいたファイル群をアップロードしてください。

アップロードが終わったら、UpdraftPlus の画面で下記の「新しいバックアップの為にローカルフォルダの再スキャン」をクリックします。

再スキャンが終わると下記のように、バックアップ済みのデータとして表示され、復元できるようになるので、「復元」をクリックして復元を開始します。

下記のように復元対象の選択が表示されるので、復元したいものをチェックし選び、

「復元」をクリックします。
復元が開始され進捗状況が表示されます。
「Restore successful」と表示されたら無事に完了です。

以上で、バックアップからその復元まで、非常に簡単な手順にて実施できました。おすすめです。

さらに、設定画面を利用することで、バックアップの自動スケジュールや、バックアップ先に様々なクラウドストレージ(有料あり)を設定すること等も可能です。

有料の「UpdraftPlus Premium」では、さらに詳細な設定や、クローンの作成ツール、マルチサイトバックアップなど、さらに高機能になります。

pc_writer_oldman_150_01バックアップは、いざというときのために定期的に(あるいはスケジュールを設定して)行っておきましょう。せっかく作成したサイトが消えてしまったらその労力は大変なものになりますから。そのバックアップと復元を便利に行える「UpdraftPlus」は本当におすすめです。

 

Google reCAPTCHA ワードプレスのスパムコメント対策

今回はWordpress(ワードプレス)のスパムコメント対策に Google reCAPTCHA を設定する方法を初心者向けにできるだけ図を使いながら解説したいと思います。Akismet...
wordpress-speedup-shortpixel-logo

ワードプレスの高速化2019 Autoptimize + ShortPixel Image Optimizer

ワードプレスの高速化のためのプラグインにはいろいろありますが、今回ご紹介する「Autoptimize」に「ShortPixel Image...

おすすめ Jetpackプラグインのインストール 初心者図解

今回は、ワードプレス公式のプラグインであり、おすすめのプラグインでもあるJetPackのインストールと設定方法を図解します。ワードプレスのおすすめプラグイン...

ワードプレスセキュリティ強化 無料プラグイン All In One WP Security

ワードプレスのセキュリティを強化するプラグインは数多くありますが、そのうちのひとつに「All In One WP Security &...

Pin It on Pinterest